放出候補選手リスト

【2019年5月22日更新】
戦力外、自由契約、トレード等放出が予測される選手です。

退団予想

投手:中村勝 田中豊樹 藤岡貴裕
捕手:實松一成
内野手:田中賢介(引退)
外野手:

トレード:
村田透投手
黒羽根利規捕手
森山恵佑外野手
谷口雄也外野手


投手の戦力外候補筆頭は中村勝。肘の手術以来すっかり名前を聞かなくなり、ドラフト1位入団ながら今季は10年目。
二軍で全く歯が立たなかった高良が2年目で戦力外になったことを踏まえ、二軍で制球を乱している田中豊樹の去就が心配だ。本来であればブルペンに食い込んでいなければならない時期である。藤岡貴裕は今季30歳でパフォーマンス下降期に突入する。
またコンディション不良で出遅れ、今季は登板機会の乏しい村田透はやや年俸が高め。実力があり他球団に活躍の場を移すことも可能だろう。
「まだ何も貢献できていない」と契約更新した實松一成は貴重なピースとなっているとはいえ二軍が主戦場。黒羽根利規はやや一軍戦力として計算できるが、伸びしろが少ないのはネック。
森山恵佑は外野手よりも一塁手の線が濃くなり、今井や清宮の育成プランと重なってしまう。
谷口雄也は今季背番号を変えたものの膝関節の手術以来苦しいシーズンが続いている。このままでは、球団が谷口の人気を利用し、退団前に背番号を変更しレプリカユニフォームを売って一稼ぎしたことになってしまう。それでも今季は特大の復活弾を叩き込んだだけに他球団からオファーがあってもおかしくないが...



(一軍戦力度)(二軍戦力度)(体調)(伸びしろ)【合計】の順
投手
  • 村田透 (4)(4)(4)(1)【9】5,000万円 
  • 中村勝 (2)(2)(2)(3)【9】1,100万円
  • 斎藤佑樹 (3)(4)(2)(1)【10】1,600万円
  • 立田将太 (1)(2)(4)(3)【10】530万円
  • 高山優希 (1)(2)(3)(4)【10】530万円
  • 田中豊樹 (2)(2)(4)(4)【12】950万円
  • 井口和朋 (3)(3)(4)(4)【12】2,050万円
  • 杉浦稔大 (3)(4)(2)(3)【12】1,600万円
  • 浦野博司 (4)(4)(3)(2)【13】3,000万円
  • 藤岡貴裕 (2)(4)(4)(3)【13】2,900万円
  • 吉田侑樹 (2)(4)(4)(4)【14】920万円
  • ロドリゲス (4)(4)(4)(3)【15】6,000万円
捕手
  • 實松一成 (1)(2)(3)(1)【7】1,150万円
  • 黒羽根利規  (2)(2)(3)(1)【8】1,700万円
  • 石川亮  (3)(3)(4)(4)【14】800万円
内野手
  • 森本龍弥 (1)(2)(3)(1)【7】430万円
  • 石井一成 (3)(3)(4)(4)【9】1,620万円
  • 田中賢介 (4)(4)(2)(1)【10】6,500万円 今季で引退
  • 中田翔 (5)(5)(3)(2)【15】2億8,000円
外野手
  • 白村明弘 (1)(1)(3)(4)【9】1,850万円
  • 谷口雄也 (3)(3)(1)(3)【10】1,300万円
  • 森山恵佑 (1)(4)(3)(4)【12】820万円
  • 姫野優也 (1)(2)(4)(5)【12】490万円
  • 岸里亮佑 (2)(3)(4)(3)【12】530万円
  • 松本剛 (3)(4)(4)(3)【14】2,100万円
  • 淺間大基 (4)(4)(3)(5)【16】1,100万円

北海道日本ハムファイターズBOS研究室

北海道日本ハムファイターズの球団運営システムであるBOS。 自分の思考をBOSに近づけられれば、選手獲得動向を予想し、的中させられるのではないだろうか? そんな妄想溢れる研究室です。 おことわり 当ページに掲載されている情報は、幼少期から読み漁った文献を、記憶を頼りにまとめているものです。 出典の付記は難しいため、リンクや特記のない箇所は管理人の勝手な持論としてお読み下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000