チーム編成状況

【2019年1月2日更新】
現チームの戦力分析と選手評価です。



【現有戦力】

海外、他球団からの即戦力補強と若手の成長で世代交代にめどがつき始め、優勝を見込める一定の1軍戦力を手に入れたといえる。




だが、控えの層のメンバーにやや不安がある。先発の軸は成長著しい上沢とマルティネス、新天地で再起を誓う金子弌大であるが、彼らをバックアップする吉田侑、上原ら若手先発投手陣が結果を残せるかは未知数。


中継ぎも秋吉の補強でなんとか安定感を取り戻せそうだが、新外国人のハンコックが期待に応えられなかった場合や故障者が出た場合の代わりとなるだけの実力を持つ投手は人数不足。


今季から兼任コーチとなる鶴岡、正捕手筆頭候補の清水をはじめとする捕手陣は充足しているだろう。黒羽根、実松の両捕手が控えに回る二軍では郡、田宮のダブル快速捕手に対して充実した育成シーズンが送れるだろう。


中田残留により1塁を固定できるのは大きいが、打撃成績が低空飛行しがちな主砲を超える可能性のある森山、清宮、横尾らの育成は優先事項。


FAが近い中島卓也遊撃手の後継者育成に難航しており、石井一成以上の成績を残せる選手急募状態。昨年プチブレイクした渡邉諒に期待がかかる。


【補強ポイント】



まず大問題なのがセンター。西川ら主力外野手の「卒業」が近い中、彼らの後釜は確実に不足気味。姫野、岸里ら下位指名組が一軍でどれだけやれるのか未知数なうえ、海老原、森山ら左翼専門選手に、ひざに不安を抱える谷口が控える。札幌ドームの芝はただでさえ外野手には不評で足を武器とする西川、大田らには選手寿命を考えると不利であり、新球場完成の2023年までは待てない状況。主力への「払い」を増やさないならば、即戦力センターの獲得が必要な状況といえよう。


次に内野手。今季は渡邉と石井が先発を争い、谷内がそのバックアップをし、空いたところで平沼の一軍出場を増やすのが目標である。二塁田中、遊撃中島、三塁レアード、さらには一塁中田の全内野が入れ替わる可能性があり、彼らの育成は至上命題。そのため、2軍の内野手も登用される可能性があるが、実際は一軍への道が閉ざされてしまった森本でしのぐ構図となる。結果的にまた内野手不足なのだ。


エース候補。金子が入団し、ローテでやれそうな外国人を獲得したといえ、ダルビッシュ、吉川、大谷ら15勝級エースがいた時代に比べるとスケール不足。絶対的エースがのどから手が出るほど欲しい。田中瑛、立田、獲得した吉田輝、柿木に期待がかかるが高校生投手ほど育成率の低いものはないため未知数。中村勝、上原、吉田侑も今季ダメだといよいよ厳しくなってくる。


中継ぎのコマ不足はかねてから不安材料だが、森内、鍵谷、白村、加藤、玉井、西村ら1年目2年目の新人・若手が頑張ってくれて何とかしのいでいる。森内の肘が壊れ、鍵谷に疲労が見え、白村がスランプに陥り、なんとも長続きしないのが問題。今季獲得の生田目もそうなってしまうのか。どちらにせよ、勤続疲労緩和のための絶対数補充は不可欠。

北海道日本ハムファイターズBOS研究室

北海道日本ハムファイターズの球団運営システムであるBOS。 自分の思考をBOSに近づけられれば、選手獲得動向を予想し、的中させられるのではないだろうか? そんな妄想から始まる思いつきの数々を随時加筆修正してまいります。 おことわり 当ホームページに掲載されている情報は、幼少期から読み漁った文献を、記憶を頼りにまとめているものです。 出典の付記は難しいため、管理人の勝手な持論としてお読み下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000